2017年11月20日

暴君は二度立たぬ

民衆は激怒した。

必ず、かの邪智暴虐の王を除かなければならぬ。



********



アラミゴのすぐ西。

ロッホ・セル湖のほとりに立つ、廃王テオドリック像を眺めています。


立像だったようで、片腕らしきものが横に生えているのがわかります。

しかしそれが左腕なのか右腕なのかもわからないほど、表面の造形は失われてしまいました。

暴君として知られた王の像とされますが、残念ながら破壊されたまま、赤茶けた肌を風に晒しています。



んー、たぶん、あれは右腕かな?

だとしたら、王はアラミゴを背に西に向いて立っていたことになって、この都を訪れた者を威圧する姿になるでしょうから。

生物を寄せ付けぬ風土と、戦にまみれた歴史をもつアラミゴからイメージすると、王の力を外敵へ誇示するための像だったのだろうと思います。






像の東側(おそらく王の背中)には・・・なんだろうこれ。


マント?

とろけた金属?



ほんの20年前にいた評判の悪い人物だから、民衆の中にはいまだに怒りが渦巻いています。

この像が元通り直されるなんて期待できそうにありません。

いずれ撤去されてしまうのでしょう。








像のすぐそばの地上に、胸から上の部分が落ちていました。

左肩と左の二の腕まで見えていますね。

ということは、さっきのはやっぱり右腕でしょう。




眉根を寄せ、口を開いていて、すごむ顔にも、怒り顔にも、笑い顔にも見える表情です。

笑い顔と言っても、ほほえみじゃなく、あざけりのような。



髪型も特徴的。

頭を大きく見せるように束にして逆立てていて、迫力満点です。







そういえば!

と、スカラ遺跡のさらに深部にしまわれていた絵を思い出しました。


ほら、この独特の髪型が、テオドリック像と共通しているでしょ。

やはりこの絵の人物は、テオドリック本人だったのですよ。


ふぅーすっきり!



*******************
ブログランキングに参加中
  ↓ ぽちっと応援してね


プラチナリボン運動

2017年11月10日

ニュンクレフの箱船を家に置く


にげて にげて みずがくる
どろにまみれて しぬのはいやだ
つないでほ い われ の 



********



胸の中を満たす空気まで赤く染まるような空の下。


ギラバニア地方、山岳地帯のワイトロックにやってきました。


向こうに見えるはニュンクレフの箱船です。

そう、今日の目的地はこれ。



というのも・・・





2017年11月5日

湖底に眠るアラミゴの至宝

宝を護れ 命の限り

宝を護れ 命のかぎり



********



前回からのつづきです。



亡国アラミゴ最後の王、「廃王」テオドリックが隠したという宝を探して、ロッホ・セル湖底に眠るスカラ遺跡を探索中です。

いやいや、スカラの遺跡自体がお宝だとは思いますよ。

それに加えて、アラミゴ王の関わった痕跡があり、アラミゴの財宝があるわけでしょ。

見どころ満載ごっちゃごちゃです。




2017年10月27日

静かな湖畔の穴の中から

新しい世界。

湖底に眠るは見知らぬ歴史。

泳ぐ練習しておいてよかったなー。



********



内乱に沈んだアラミゴ末期、最後の王となった「廃王」テオドリックにまつわる噂を聞きました。

その名も「廃王の黄金」。

なんでも、廃王は猜疑心が強い人物だったようで、王位を保つために大勢の王族を処刑したそうです。

ところが、そのときに接収した財産がどこかに隠されたまま、30年間経った今でも見つかっていないのだとか。



そんな頼りない噂をネタに、こっそりとお宝探しを始めた私のもとに情報が舞い込みました。

泳げない男の嗅覚が捉えたお宝の匂いは、なんと湖底から。



「栄光に溢れ、美しくしなやかで、素晴らしく泳げるみよよ様、お願いですから行ってきてください」

「しっかたないなあ、ほら、イモでもかじって待ってろ」ってなもんです。



ザブーン!