2017年4月10日

雲海の小島にゾウとたわむる

ディアデム諸島に遊びに来ると、よそでは見られない動物がたくさん出迎えてくれて目新しい気分になれます。

今日のおともだちは、こちらのゾウさん。

長い鼻と、長く湾曲した2本の牙、大きな耳。

巨大な身体は、体高10ヤルム(10ララフェル)以上はあるでしょうか。

真っ赤な目もしていてちょっとコワいですが、意外に穏やかな生き物で近づいても襲ってくることはありません。


存分に観察することができますよ。









さて。

それではアインハルト家からもらったお仕事をしましょう。


「ゾウさんを誘引するこちらの素朴なマシンを起動してね」とのこと。


さあ、このあと一体どうなるでしょうか???



(スタッフは安全のため防具を着用しています)

(虫ではありません)









わあああぁぁぁ!

人使いが荒いぞオォッ!

アインハルト家めぇッ!



*******************
ブログランキングに参加中
  ↓ ぽちっと応援してね


プラチナリボン運動

2017年4月3日

ディアデム諸島のマハ遺跡

流浪の廃墟は生命を運ぶ。

其れは在りし日の理想か。


********


ディアデム諸島を含む雲海エリアの探索にやってきました。

奇妙な生物がいるとか、歴戦の冒険者の装備品を譲ってもらえるとかで、いま冒険者に大人気のエリアですよね。

ディアデム諸島は環状列島で、アバラシア雲海やドラヴァニア雲海のように浮島になっています。

環状列島の中心部に、氷山のような形の小島が流れ着き、それが第五星歴の亡国マハの遺跡だった!とか。

歴史と地理情報がふわふわと結びつく、楽しい感覚を味わいます。



そんなディアデム諸島にあるマハ遺跡を、外から眺めてみると・・・見覚えありませんか?


そう、ダン・スカー遺跡とそっくりなのです。


2017年3月27日

妖異たちの暮らしぶり

「お嬢様が!妖異が!」と慌てた様子の元・従業員のおじさんに頼まれて、すてきなお屋敷、ハウケタ御用邸を見にやってきました。


お嬢様は・・・手遅れかも・・・いや、んー。


お屋敷はというと、いつだか来たときよりも明るくて、生き物の気配がするにぎやかな雰囲気です。


そのとき入れた1階の部屋の一つに、今度は入れなくなっていました。

中に見えるのは、お食事の準備がされたテーブル。

入れないのは残念だけど、前より生活感が出てきて良い感じ。



2017年3月20日

SS加工のおしゃべり会「CCB」レポート


おおぜいさまにまぎれていましたが、魅惑の水着姿でした。



********






先日お知らせしたイベント、「クリエイターズコミュニティ・ビアバッシュ (CCB)」 

特定の趣味の人たちで集まって、おしゃべりしましょうの会です。


あやしげな写真いじりをする者として、私も参加してきたのでその様子をご紹介しましょう!