2016年8月25日

旅のララフェルからの手紙





もうあと2日後に迫ってきましたね!

準備はお済みですか!?


えっ? 何がって?

もうすぐ3周年記念14時間生放送なのです!


先日の記事でご報告したとおり、このたび私、生放送のスタジオ観覧にご招待いただいたのですよ!


昨年に引き続き二度目とはいえ、やはり貴重な撮影現場に入れる上に、
エオルゼアの最高神こと吉田Pとの邂逅もあるということで、とても緊張しています!



・・・


ところで、お土産の話ですよ。

お土産、どうしよう・・・?



********


思い起こせば一年前。

私のほかの参加者の中に、ふだん写真の加工で遊んでいる方がいて、
自作写真をフォトブックにしたものを生放送のあいまに吉田Pへプレゼントしていました。

ゲームとは制作者側からユーザーへという一方的なものだと思っていた私は、
「そういうことがありうるんだ!」と目からうろこが落ちました。

しかも、そういうユーザーからのプレゼントが開発室の中にスペースをとって陳列されていて、
スタッフの皆さまがときどき手にとって眺めているというのです。



双方向に感謝を伝え合っている状況を目の当たりにして、いたく感動したものです。


私も楽しい冒険生活をしているわけで、当時もやはり感謝の念はあったのですが、
しかしそういう準備ができるような技術や発想がなかったのが悔やまれました。


それからしばらくして、私も写真いじりを始め、それを載せるためのあやしげなサイトも立ち上げました。


そして今年、再びのご招待! となり、拙い写真いじりではありますが、
せっかくの機会なのでフォトブックにしてプレゼントしよう!と決意したのです。




写真をいくつか選んで、形を整えて、現像に出して、
アルバムを選んで、写真を貼って、文字を書き足して、といった作業をしました。





ばばん!
できあがり!


テーマは「旅のララフェルからの手紙」!

あちこちの国を旅して歩くララフェルが送ってきた写真つきの手紙、のつもりです。




今回プレゼントとして用意したフォトブックは、この世に一冊限りの限定版。

一冊しか存在しないものの、わりとがんばって作ったので、少しでも多くの人に見てもらいたくなりました。

最近の写真いじりのお披露目もかねて、ここから先はそのフォトブックの中身を紹介してまいります。



どうぞ気楽にご覧ください。



(この記事はいつもと違い、エオルゼアの世界観から逸脱した写真と文章が続きます)

(写真も多くて記事も長いです。ごちゅうい)



2016年8月22日

ロウェナ総合文化会館はオープン間近


お金を集めるのは人。

人は力。

つまり、お金は力。



********



冒険者や開拓者で活気溢れるイディルシャイア。


エーテライトから西へ少し行ったところにある小高い土地を占めるのは、「ロウェナ総合文化会館」。

おなじみのロウェナさんが取り仕切るロウェナ商会の建物です。


モードゥナ・レヴナンツトールにある「ロウェナ記念会館」と似た名前で、その役割も2号店といった感じ。

上の写真で奥に見えている窓口で、アラガントームストーンや蛮神の破片のような希少なアイテムを商っているのは皆さまご存じでしょう。



今のところここには、同じくらいの大きさの箱形の建物が2棟、左右にできつつあります。

このまま二つの塔のようになるのか、それとも上階でくっついて門のようになるのか、
「ロウェナ記念会館」のように小城のようになっても良いな、などと考えながら、いつも楽しみに見守っています。




そんなある日。

この建物の近くを歩いていて、西側の建物だけ、中に入れるようになっていることに気づきました!

いつの間に!?




2016年8月15日

見間違いを生む海蛇伝説


巨竜伝説の宿る丘。

疑心暗鬼を兆す丘。



********



ある日。

外地ラノシアをおさんぽしていて妙な依頼に遭遇しました。


伝説の巨竜「ペリュトン」を・・・見間違いだから倒せ?


ペリュトンとやらにとっては大迷惑でしょうに・・・







こちらがそのペリュトンさん。


なんのことはない、大きく育ったテロックです。

体長(頭からしっぽまで)は10~13ヤルム(10~13ララフェル)くらいでしょうか。


トカゲめいた外見が、まあドラゴン族に見えなくもありません。








近くにいた通常サイズのテロックはこれくらいの大きさ。

体長4ヤルムくらいかな。



テロックたちも、ペリュトンさんも、外地ラノシアの西のロングクライム地区に暮らしていました。



********



さて、どうして噂の元になった見間違いが起きてしまったのか、ですよ。




それはきっと、そもそもこの土地に巨竜伝説があるからだと思うのです。


見間違えた兵士の頭には、大海蛇ペリュコス(Perykos)のことがよぎったのでしょう。

それにちなんで、こっちの巨大テロックをペリュトン(Peryton)と名付けたのだと思います。



ああ、ペリュコス、知ってる??




このエオルゼアには、海神リムレーンが地上に水を生むために二匹のシーサーペント(大海蛇)をつくったという神話があります。

その二匹が、サラオスとペリュコスです。









外地ラノシアのロングクライム地区から南に下って、高地ラノシアに入ってすぐのところに巨大な化石があります。

まるで伝説のシーサーペントに見えることから「サラオスの亡骸」と呼ばれているのはご存じのとおり。


そういうわけで、シーサーペント伝説が目に見える形で感じられる場所ゆえに、テロックを巨竜に見間違えたのでしょう。



********



なお。


調査によれば、この「サラオスの亡骸」の正体は伝説の海蛇サラオスではないそうです。



個人的にはドラゴン族の骨だろうと思っていますが、本当は何者なのだか分かっていません。

(このあたり、くわしい考察は「新説・アジス・ラーとラノシアの関係」へ)



*******************
ブログランキングに参加中
  ↓ ぽちっと応援してね


プラチナリボン運動

2016年8月10日

撮影用ロボットのススメ



発見に沸くのはまだこれから。

まだまだ調査は終わらない。



********



大昔の地下都市ゲルモラの遺跡だという「死者の宮殿」が発見されてからというもの、
南部森林のにぎわいは今が最高潮と言って良いほどではないでしょうか。

今日はその発見に貢献した場所にやってきました。



良く晴れた日の午前。

ここは、第七霊災のときに飛んできた岩によって見つかった穴、イソム・ハーの穴蔵です。


長らくここで調査をしているシェーダー族の二人組には悪いけれど、とっておきの新兵器をつかって調査をしたくなったのです。


それは・・・






そう、タレット撮影です!

写真家たちの間で話題になっていて、「写レット」の名前のほうでご存じの方もいるかもしれませんね。



機工士のタレット(兵器ロボ)をぽいっと設置しておいて、グループポーズというカメラ機能を作動させると、タレットの周囲を写真に撮ることができるのです。

上の写真では、右端に私の放ったタレットが小さく写っています。

通常立ち入ることのできない場所へもタレットが設置できるので、画期的な視点からの写真を撮れると評判なのです。


危ないからダメと言われて、はしごがありながら降りることが許されなかったイソム・ハーの穴蔵の内部も、ご覧の通り!



暗い穴の中にぼんやりと見えてきましたよ。

ふむふむ、ランプを灯籠のように組み込んだ石柱が、何本もありますね。

石柱の意匠は、同じくゲルモラの遺跡である「タムタラの墓所」にあるのと同じです。



部屋と言えるほどの広がりは見えますが、その奥へ続く廊下は残念ながら見えそうにありません。


崩壊がひどくて、なるほど、これは降りたら危なそうです。








カメラを穴の入り口の方へ向けるとこんなかんじ。


おおー、さわやか!



********

タレット撮影、皆さまも是非おためしあれ!



*******************
ブログランキングに参加中
  ↓ ぽちっと応援してね


プラチナリボン運動